短編映画が好きなら31日間無料で見放題できる動画サイト

dTV
スポンサーリンク

【短編映画】ショート・ショート・フィルムの見どころ

短編映画の醍醐味の一つは10分や30分という限られた上映時間の中に様々な要素が考えに考え抜かれて詰め込まれます。通常の映画と同じく色んなジャンルの作品があります。アクションにコメディ。ロマンスにヒューマンドラマ。CGやクレイアニメを使った短編アニメも人気です。短い時間の中にアイデア満載。ショートフィルム(短編映画)と聞くと、知っている人ほど何となく「難しそうなのかな?」というイメージが強いかもしれませんが、近年の作品は子供から大人まで気軽に楽しめる作品も増えていますから見ないともったいない。芸術的な作品が見たいという方にも一ひねり二ひねりあるようなショートフィルムが多数登場していますよ。オープニングからエンドロールまで含めて10分程度で見れる作品もたくさんありますので時間的にも気軽に楽しめるジャンルです。
▼▼▼多数の短編映画を無料視聴できます▼▼▼



無料お試し期間の31日間だけ利用もOK。dTVの無料トライアルは超おすすめ!短編映画、通常の映画・アニメ・ドラマが無料で楽しみ放題。登録もキャンセルも簡単ですからぜひチェックしてみてください。

※ブログの情報は投稿日現在のものです。閲覧時期によりサービスや配信内容が変更している場合がありますので詳細は公式サイトをご確認ください

短い上映時間に心動かされる不思議な作品の数々

日本では認知されていないなんて言われてしまう短編映画。たしかに古い短編作品になると絵画を鑑賞するようなアーティスティックな作品だったり、映画の背景とされている予備知識がないと分かりにくい作品もあるのですが、最近の作品は肩肘張らずに楽しめます。たった8分で人を感動させる。泣かせる。笑わせる。驚かせる。好みのショートフィルムに出会えたら、あなたも短編映画の世界にハマっちゃうかも。

日本人はそもそも短編映画は得意?

日本では海外と比べてちょっと認知されていない映画のジャンルになっている短編映画。欧米では短編映画祭があったり、短編映画賞があったり映画のジャンルとして広く認められた存在になっています。

短編映画の上映時間はだいたい10分から30分ぐらい。この限られた時間のなかに様々な要素が考えに考え抜かれて詰め込まれますから、芸術性の高い作品が多数存在します。それはそれは奥深い映像に仕上がってます。

では日本人はどうなのかというと、制作側も見る側も日本人の感性はなかなかのものなんですよ。むしろ「日本人ほどショートフィルム向き」な人はいないんじゃないかなとも思います。

実は私たちは何十年も毎日ショートフィルムのようなものを見て暮らしてるんです。それはテレビのコマーシャルです。海外のテレビCMと日本のものを比べてみると、やっぱり日本のはちょっと個性的で面白いですよね。短編映画の醍醐味といえば10分や30分という限られた時間の中で展開されるインパクトのあるストーリーですが、日本のTVCMがまさにそれ。しかもTVCMはだいたい15秒から30秒程度ですからさらにハードルの高い映像作品のジャンルの一つになってます。

実は今、ものすごく注目されているジャンルでもあるんですよ。インターネットの動画広告に短編映画の制作技術が生かされます。近年、重要性がますます増していますね。

タイトルとURLをコピーしました