動画「ドラキュラZERO」なぜ吸血鬼に変貌したのか

dTV

吸血鬼ドラキュラを英雄として描いた珍しい作品。バンパイア映画ファンにとっては一見の価値ある映画です。「その男、悪にして英雄。愛する者のため、悪にこの身を捧げよう」。日本公開は2013年10月31日。愛する者たちを守る為に吸血鬼への道を選んだヴラドが魔物へと変貌するまで、そして・・・。無料お試し期間を利用して無料で視聴可能。
▼▼▼無料お試しで見れる▼▼▼

▲▲▲dTVにて配信中!▲▲▲
※ご紹介した動画の情報は投稿日現在のものです。配信コンテンツの最新情報については公式サイト『dTV』をご覧ください。

「ドラキュラZERO」あらすじ

15世紀、オスマントルコが広大な領土を支配する中、トランシルヴァニアのワラキア公ヴラド3世(ヴラド・ツェペシュ)は苦渋の選択に迫られていた。オスマン帝国の力に屈し愛する者たちを帝国の奴隷として差し出すか、根絶やしとされても抵抗し戦うか。やがてオスマン帝国と戦う決意をしたヴラドは、圧倒的に形勢不利な状況を打開するために牙の山へと向かう。牙の山に住むという恐ろしい魔物に助けを求めるためであった。

言わずと知れたドラキュラ伯爵は15世紀のワラキア公国の君主として実在した人物である。アイルランドの小説家ブラム・ストーカーによる小説「ドラキュラ」により世界中に彼の名は知れ渡っている。ブラド・ツェペシュという呼び名が有名だが、ツェペシュとはルーマニア語で”Ţepeş”(串刺し)を意味する言葉でありあだ名である。劇中でもヴラドが「串刺し公」として呼ばれるシーンが登場する。

「ドラキュラZERO」キャスト

ヴラド・ドラキュラ – ルーク・エヴァンス
ミレナ – サラ・ガドン
メフメト2世 – ドミニク・クーパー
インゲラス – アート・パーキンソン
古来のヴァンパイア – チャールズ・ダンス
ドゥミトルー – ディアミッド・マルタ

タイトルとURLをコピーしました